河川環境楽園 オアシスパーク

会社概要

岐阜県営公園 世界淡水魚園(オアシスパーク)の管理運営は、岐阜県から指定管理者の指定を受けた株式会社オアシスパークが行っています。

会社名 株式会社オアシスパーク
設立 平成10年10月6日
所在地 岐阜県各務原市川島笠田町1564-1
資本金 4億7,345万円
株式会社セガの他9社の民間企業と、岐阜県及び各務原市・岐阜市・笠松町・岐南町が出資する民間主導型の第3セクターであり、セガサミーホールディングス株式会社の連結子会社です。
事業内容
1. 岐阜県営公園世界淡水魚園(オアシスパーク)の維持・管理・運営
2. オアシスパーク内の商業施設及び、イベント等、集客・収益事業の企画・運営・管理
3. 東海北陸自動車道川島パーキングエリア内、商業施設及び便益施設の企画・運営・管理
施設紹介  当施設は、平成11年7月17日に開園した後、継続的に施設を開発し、平成16年7月14日には「大人から子供まで楽しみながら学べる世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」や、「世界初の3D立体音響を搭載したユニークな観覧車」が完成し、以後も、公園環境に最適化されたエンタテイメントの導入を続け、毎年約380万人の来園者で賑わい、東海3県の主要集客施設ランキングでもトップ5に名を連ねる人気のレジャー施設として、多くの方々に愛されてまいりました。
高速道路から直接入園する事が出来るハイウェイオアシスとしての機能を併せ持ち、東海北陸自動車道の全線開通後は岐阜県内外からの利用増大に伴い、周辺地域との連携をより強化し、文化や地域産品の交流を促進することで、東海エリアの情報発信拠点を目指しています。

↑ページの先頭に戻る